株の取引時間は決まっている?実は夜間取引が可能

証券会社はたくさん!公式ページで詳細を確認しよう

株式取引には、私たちトレーダーが直接取引出来る時間帯というものが存在しています。

平日であれば、東京証券取引所(略称:東証)が開いている時間帯であれば取引が可能です。

具体的な時間は、
前場:朝9時~11時30分まで
後場:昼12時30分~15時まで

となっています。

上記以外は東証がお休みになりますから、土日や祝日・年末年始には取引が出来ないことになります。

平日の取引時間が限られてしまうと、普段お勤めの方はなかなか取引する時間が取れない場合がほとんどかと思います。

「じゃあ会社員には株式は無理なの?」と思った方、大丈夫です!

実は直接取引が出来ないだけで、ネット証券を使用すれば株の注文自体は24時間いつでも出せる仕組みとなっています。

ただし、注文自体は東証が開いている時間帯のものとして扱われますので夜の間に注文をしたとしても、翌日の朝9時に注文が受理されます。

これらの制限をなくしたい方には、夜間でも取引出来る私設取引システムのPTSを採用している証券会社を利用する手をオススメします。

⇒PTSを扱っている証券会社の一覧はコチラ

夜間でもリアルタイムで注文できる PTSとは一体?

証券会社によって違いがある

東証が開いている時間外でも、実はある方法を使えば24時間いつでも好きなときにリアルタイムで注文を出すことが出来ます。

その方法とは、PTSを利用することです。

PTSはProprietary Trading Systemの略称で、証券会社の私設取引システムのことを指します。

私設とある通り、証券取引所を経由しない取引となるため、東証の時間外でも問題なく取引ができる仕組みという訳です。

PTSのメリット・デメリット

PTSのメリット

・24時間リアルタイムで取引可能

PTSのを利用するメリットは何と言っても、通常なら取引の行えない時間でも問題なく取引が出来るという点です。

東証の開閉に自身のスケジュールを合わせる必要がなく、例え夜遅くであったとしてもじっくりと自分のペースで取引をすることが出来るようになります。

また株価に大きな影響のある重大ニュースが発表されたときにも、素早く対応できるのが嬉しいポイントですね。

・配当金・株主優待も受け取れる

PTSを利用しても配当金や株主優待は問題なく貰えることになりますから安心です。

一応"●時までの買付であること"や"夜間取引の場合は権利付最終日が1日前倒しになること"など条件はありますが、通常の取引と変わりなく利用できます。

・現物取引・信用取引OK

どちらの取引も問題なく行えます。

追加のPTS使用料なども基本ありません。

PTSのデメリット

デメリットと言えるか分かりませんが、PTSを利用できる証券会社が限られている点には注意が必要です。

私設の取引システムとなっている通り、取引システム自体は各証券会社に準ずるものです。

そのためここに掲載した取引時間や売買手数料に関して、細かい部分は証券会社ごとによって異なってくることは覚えておきましょう。

詳細については必ず各証券会社の公式HPよりご確認をお願いいたします。

PTSが使える証券会社

松井証券
みんなが選ぶ松井証券は低コストで始めやすい

ここがポイント
創業100年以上のノウハウ
1日の取引額によって手数料無料
IPO
投資信託
NISA
外国株
公式サイト
松井証券へ登録
手数料(税別)10万円30万円50万円100万円300万円500万円
約定毎0円0円0円1000円3000円5000円
1日定額------

松井証券は手数料の安さに定評のある証券会社です。

1日当たりの取引合計売買額が50万円以下なら、手数料無料と大変お得になっています。(※現物取引・信用取引を含む)

また投資信託が最低100円から購入できるというのも他社にはない魅力のひとつです。

スマホアプリも人気で、外出先でも気軽に取引出来る設計になっています。

もちろんタブレットなどでも使えるので、大きな画面でこの操作のしやすさを味わってみて欲しいですね。

今なら積立デビュー応援!総額1億円還元キャンペーンなど、目玉企画を行っていますので是非公式サイトでチェックしてみてください。

みんなの口コミ

  • 株取引の手数料が無料(※1日の売買合計が50万以下の場合)なのがとっても驚き!どうやって松井証券は利益を上げてるのか逆に心配になります(苦笑)

  • 昔からある証券会社なのにロボアドバイザーの様な最新トレンドも取り組んでいたり、新興のネット証券に負けない手数料の安さだったりとほんとすごいなと。

  • 日本株だけじゃなくて外国株も取り扱ってるので株売買の選択肢が広くて良いです。全然手が出ないけどいつかグーグルとかアップルとかの株主になってみたい(笑)

  • 初心者にオススメ
  • 低コスト
  • 豊富なサポート
  • 投資信託OK
  • 貸株制度
公式サイトへ>

SBIネオモバイル証券
Tポイントを使って取引するならココ!

ここがポイント
日本初!Tポイント利用で株購入
手数料の定額サービスも嬉しい
IPO
投資信託
NISA-
外国株-
公式サイト
SBIネオモバイルへ登録
手数料(税別)10万円30万円50万円100万円300万円500万円
約定毎220円220円220円1100円3300円3300円
1日定額------

日本初のTポイントを使っての株購入が出来る証券会社と言えばネオモバです。

1ポイント=1円相当で利用出来るので、いつも使っているTポイントの使いどころ!

また有名企業の株1株から、しかも500円以下と少額からの株購入が行えるようになっています。

通常なら取引ごとに手数料がかかりますが、ネオモバなら月額220円で取引し放題の定額サービスも設けています。(※1ヶ月の約定代金合計50万円以下の場合)

普段使い出来るポイントと、少額で手軽に始められるサービスが充実している証券会社です。

みんなの口コミ

  • 株価は安くても100株単位じゃなきゃダメな証券会社だとなかなか手が出ない銘柄が多いですが、、、ネオモバイルだと1株単位で買えるから1000円しないで株主になれちゃうのですよね。

  • Tポイントを使って株が出来るなんて!と驚きでした。そしてさらに毎月Tポイントがもらえるのでお得ですね!(※ 貰えるTポイントは期間固定ポイントです)

  • 普段からTカードを利用してるので惹かれました。始める前以上にTポイントを貯めるのも楽しくなって(笑) ゲーム感覚で出来ますね

  • Tポイント投資
  • 1株単位売買OK
  • Tポイントプレゼント
  • 少額投資
公式サイトへ>

株式投資をやってみよう!(スマホでも登録・取引出来ます)

どこの証券会社を選ぶと良いのか?

株を始めるためには株式取引用の口座を持つ必要があります。

口座開設と言われるとなんだか難しく感じてしまいますが、実はスマートフォンからの申し込みだけでとってもお手軽なんです。

しかも取引まで全てネットで完了出来るので、投資が私たちのより身近になってきたのを感じることが出来ます。

証券会社にもよりますが、申し込みは5分程度で終えることが出来ますよ。

株取引できる証券会社で初心者にオススメなのが楽天証券です。

楽天と言えば楽天市場にカード、そして電話事業と日本を代表する会社です。

他社を圧倒するサービス・サポートは圧巻のひとこと!

楽天ポイントも活用できるのがうれしいですね。